すべて見る

リジョブのイベント一覧(1月~)

NPO法人Reジョブ大阪では、脳損傷者の皆さんのためになるイベントをたくさん開催しています。「あ、これ、参加してみたいな」と思ったらぜひいらしてください。話せなくても大丈夫。失語症のある方も大丈夫。あとで動画を見られるイベントも多く、自分のペースで参加できますし、何より参加者が、失語症や高次脳機能障害に理解のある人、支援者、当事者や家族さんばかり。安心して参加してくださいね。

賛助会員がお得!

そしてそして、NPO法人Reジョブ大阪の賛助会員になると参加が割引になったり無料になったりします。賛助会員の会費はなんと月500円!これで様々なイベントが割引になるのだからならないテはありません!

賛助会員についてはこちらをご覧ください。

1月8日(土)現場の言語聴覚士に知ってほしい「就労における困りごと」パート2

言語聴覚士の西村紀子です。冊子『脳に何かがあったとき』の記事を取材する過程で、軽度の失語症や高次脳機能障害のある方にインタビューを通じて見えてきた「就労における困りごと」
長年病院に勤務しておりましたが、その時には想像もしなかった困りごとがありました。
「病院時代に知っていれば良かった」「それならもっと色々対策が取れた」
そう感じることも多々あります。
今回は、その人が戻っていく環境にあわせた言語機能評価についてお伝えしたいと思います。
※ 言語聴覚士以外でも参加可能ですが、内容は専門的なものになります。

1月16日(日)まるっと会

Reジョブ大阪の夢は、支える人支えられる人そんな垣根さえも越え、一緒にいるのが当たり前、普通に集い、支度をし、みんなで美味しくご飯を食べる会。その夢に向かって一歩ずつ進んでいきます。この会の主旨を理解してくれる方なら、どなたでも歓迎。脳損傷者にもできることをしてもらいます。
境界線なんてない!まるっとや、まるっとやで!そんな会です。

現在はオンラインで実施中!
詳細はこちら↓

1月20日(木)大場龍男先生「復職教室」パート2

長年、就労支援アドバイザーとして、高次脳機能障害者の復職に関わってきた大場龍男先生の「復職教室」をオンラインで連続開催します。
セミナー形式でなく、事例をもとに考えていくワークショップ形式です。
お申込み者には、大場先生の「復職教室」オンラインセミナーの動画を送りますので、事前にご覧になってから参加してください。

1月21日(金)再講演!大塚佳代子先生 「教科書ではわからない臨床の知恵 口腔機能訓練」パート1

※このセミナーは反響の大きかった10月15日の同名セミナーと同じ内容です。後日配布される動画は、当日視聴できる動画を編集したものとなります。ご了承ください。
言語聴覚士の皆さん
1.漠然と口腔機能訓練をしている
2.効果が実感できない
3.問題点を抽出できているか不安
こんなお悩みを抱えていませんか? 自信を持ってリハビリができるようになりましょう!大先輩の言語聴覚士からしっかり学んで、バージョンアップしましょう!

1月28日(金)鈴木大介氏 第5回「特性別」当事者感覚セミナー

「高次脳機能障害は難しい・個別性が高すぎる」という言葉を、医療職や支援者が言い訳のように使って欲しく無い・・・
これまでは、「家族や周囲のお困りごと」という目線で語られるばかりだった障害特性について、「当事者自身の不自由感」という観点から語り直します。
セミナーコンセプトは「高次脳機能障害をシンプルにとらえ直す」
主な障害特性ごとに、全6回でお届けします。
セミナー後には、鈴木氏とリアルでヴィヴィッドな意見交換が可能な 質疑応答の時間を設けております !
医療職の皆様、支援者の皆様、当事者の皆様、共に 深い時間を過ごしませんか。

第1回(2021年8月27日)情報処理(容量)速度の低下
第2回(2021年9月24日)注意障害&半側空間無視  
第3回(2021年10月29日)ワーキングメモリの低下&遂行機能障害
第4回(2021年11月26日)易疲労&破局反応
第5回(2022年1月28日)脱抑制(易怒・感情失禁)
最終回(2022年2月25日)合わせ技=談話障害他

2月12日(土)現場の言語聴覚士に知ってほしい「就労における困りごと」パート3

言語聴覚士の西村紀子です。冊子『脳に何かがあったとき』の記事を取材する過程で、軽度の失語症や高次脳機能障害のある方にインタビューを通じて見えてきた「就労における困りごと」
長年病院に勤務しておりましたが、その時には想像もしなかった困りごとがありました。
「病院時代に知っていれば良かった」「それならもっと色々対策が取れた」
そう感じることも多々あります。
1月は評価についてお伝えしました。今回のセミナーでは、実際、私たちは言語リハで何をしたらいいのかについてお伝えしたいと思います。
※ 言語聴覚士以外でも参加可能ですが、内容は専門的なものになります。

2月19日(土)山口加代子先生「高次脳機能障害 理解と支援」第1回高次脳機能障害の方の心理

高次脳機能障害の症状については、少しずつ知られるようになっていますが、高次脳機能障害が生じた当事者の心理についてはあまり知られていません。しかし、支援に当たっては当事者の心理を知ることが不可欠です。この講義では高次脳機能障害が生じた当事者と家族の心理を知り、それに基づく支援について、実際の症例も含めながら、当事者と家族に必要な支援について考えます。
【第1回】高次脳機能障害の方の心理
高次脳機能障害が残るとどのような心理になるのか。
心理職はどのようなかかわりが出来るのか。

2月20日(日)まるっと会

Reジョブ大阪の夢は、支える人支えられる人そんな垣根さえも越え、一緒にいるのが当たり前、普通に集い、支度をし、みんなで美味しくご飯を食べる会。その夢に向かって一歩ずつ進んでいきます。この会の主旨を理解してくれる方なら、どなたでも歓迎。脳損傷者にもできることをしてもらいます。
境界線なんてない!まるっとや、まるっとやで!そんな会です。

現在はオンラインで実施中!
詳細はこちら↓

2月25日(金)鈴木大介氏 最終回「特性別」当事者感覚セミナー

「高次脳機能障害は難しい・個別性が高すぎる」という言葉を、医療職や支援者が言い訳のように使って欲しく無い・・・
これまでは、「家族や周囲のお困りごと」という目線で語られるばかりだった障害特性について、「当事者自身の不自由感」という観点から語り直します。
セミナーコンセプトは「高次脳機能障害をシンプルにとらえ直す」
主な障害特性ごとに、全6回でお届けします。
セミナー後には、鈴木氏とリアルでヴィヴィッドな意見交換が可能な 質疑応答の時間を設けております !
医療職の皆様、支援者の皆様、当事者の皆様、共に 深い時間を過ごしませんか。

第1回(2021年8月27日)情報処理(容量)速度の低下
第2回(2021年9月24日)注意障害&半側空間無視  
第3回(2021年10月29日)ワーキングメモリの低下&遂行機能障害
第4回(2021年11月26日)易疲労&破局反応
第5回(2022年1月28日)脱抑制(易怒・感情失禁)
最終回(2022年2月25日)合わせ技=談話障害他

2月26日(土)山口加代子先生「高次脳機能障害 理解と支援」第2回社会的行動障害の理解と対応

高次脳機能障害の症状については、少しずつ知られるようになっていますが、高次脳機能障害が生じた当事者の心理についてはあまり知られていません。しかし、支援に当たっては当事者の心理を知ることが不可欠です。この講義では高次脳機能障害が生じた当事者と家族の心理を知り、それに基づく支援について、実際の症例も含めながら、当事者と家族に必要な支援について考えます。
【第2回】
社会的行動障害の理解と対応
社会的行動障害とは何か。
支援職はどのような対応をしていけばよいのか。

☆新しいイベントが決まり次第追記していきます!

脳コワさんオンラインアカデミーのイベントは、過去動画も購入できます。
詳細はこちら

https://forms.gle/yQaSZEKhyEsNNDHH8